大野ヶ原

四国カルスト 大野ヶ原にドライブ
宇和島から鬼北町を通って梼原方面に・・
道の駅森の三角帽子の鬼王丸
鬼王丸
竜馬脱藩の道の碑
脱藩の碑
山道をひたすら上り下りしてようやくたどり着きました。
大野ヶ原1
枯草の混じった草原に白い奇岩がごろごろとカルスト台地独特の風景です。
牛
夏には牛の放牧がありますが秋を迎えて個々の牛舎に帰ってるみたいです。
大野ヶ原
紅葉にはまだ早く中途半端な時期です。
次は春に訪れてみたいものです。




スポンサーサイト

ミツバモチノウオ 幼魚

スズキ目ベラ科モチノウオ属
学名:Cheilinus trilobatus
撮影:2016 10/24 水深 2m
ミツバモチノウオ
今シーズン最後のシュノーケリング
初見の魚がいましたが岩陰からなかなか出てくれなくこんな写真しか撮れませんでした。
ミツバモチノウオ
頭部の模様や体側の黒点、尾鰭などからミツバモチノウオの幼魚だと思います。


イレズミニザ

スズキ目ニザダイ科
学名:Acanthurus maculiceps
撮影:2016 10/7 水深2m
分布:伊豆半島以南の太平洋岸・インド・西太平洋
イレズミニザ
先日のニザダイ科の魚について
 神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能 宏博士から同定依頼のお返事をいただきました。
イレズミニザの幼魚だそうです。瀬能博士いつもありがとうございます。
ニザダイ科に1種追加できました。

定置網

今年の定置網も今週いっぱいで終わりです。
定置網
来年は中泊市場がなくなるので
操業はどうなるか・・・・。

ニザダイ科の魚

10月7日にシュノーケリングで見た魚です。
ニセカンランハギやサザナミハギに似ていますが
尾鰭が白くて違和感あり
現在同定依頼中
クロモンツキの若魚ならうれしいのですが・・・
ニザダイ科の魚

ニセモチノウオ

スズキ目ベラ科ニセモチノウオ属
学名:Pseudocheilinus hexataenia
撮影:2016 10/7 水深2m
八丈島、和歌山県以南。インド・中部太平洋
ニセモチノウオ
成魚で10cmほどの小型種。

トカラベラ 幼魚

スズキ目ベラ科ホンベラ属
学名;Halichoeres hortulanus
撮影;2016 10/7 水深 2m
トカラベラ幼魚
初見ですが3個体いました。

ミツボシキュウセン雌

スズキ目ベラ科ホンベラ属
学名:Halichoeres trimaculatus
撮影: 2016 10/7 水深 3m
雌の成魚です。
ミツボシキュウセン

ツクシトビウオ

ダツ目トビウオ科ハマトビウオ属
撮影:2016 10/2 21cm
学名:Cypselurus doederleini
北海道南西部から屋久島にかけて分布
沖で釣りをしていたら船に飛び込んできました。
ツクシトビウオ
胸鰭は暗色
ツクシトビウオ
下部鰓耙は16
ツクシトビウオ鰓