枯死サンゴ

サンゴが枯死するのはいろいろ原因があります。
↓オニヒトデの食害・・サンゴの下部にオニヒトデが見えます。
当地区では今年は2匹のオニヒトデを駆除しました。
昨年は3匹。
これから秋にかけ数匹は見つかるかもしれません。
白化サンゴ
次に巻貝による食害
小さなシロイシレイシガイダマシという貝がサンゴを食べます。
オニヒトデはテーブルサンゴに多いのですがこの貝は枝状サンゴにもみられます。
白化サンゴ
この貝の駆除はやっかいです。
サンゴの間に入ったものはピンセットでつまみだすしかありません。
白化サンゴ
他に思わぬものが・・
海藻
海藻です。これが枝状サンゴの上で育つと日陰になったサンゴは枯死します。
↓海藻をどかしてみました。
海藻の下になった部分は枯死しています。今年は特によく目につきます。
枯死サンゴ
もう一種 テーブルサンゴに見られる海藻です。
海藻
短い海藻で枯死した部分に定着するのか
これが育つとともにサンゴが枯死するのかがよくわかりません。
今年はよく見かけます。

枝状サンゴ
いろいろありますが今年の当地区のサンゴは昨年までと比較するといい状態だと思います。





スポンサーサイト

ヨコシマクロダイ

スズキ目フエフキダイ科ヨコシマクロダイ属
学名:Monotaxis grandoculis
撮影:2016 8/14 水深 3m
初見の魚ですが小さくて綺麗に撮れませんでした。
ヨコシマクロダイ

ムシベラ 雌

スズキ目ベラ科ススキベラ属
学名:Anampses geographicus
撮影:2016 5/15 水深 3m
分布:伊豆諸島・南日本太平洋沿岸・小笠原諸島・琉球列島
西太平洋・西オーストラリア
ムシベラ
背鰭と尻鰭後方の眼状斑がよく目立ちます。
ベラ図鑑で楽に同定できました。
ムシベラ
同じススキベラ属のブチススキベラとともに行動していました。
ムシベラ

魚図鑑

突然送られてきた魚図鑑
講談社魚図鑑

すっかり忘れてましたが魚画像提供のお礼だとか
まさか新刊の本がくるとは思ってなかったのでびっくり
太っ腹な講談社さんです。
ありがとうございました。

海王丸

横島沖で釣りをしていたら
西の5kmほど沖合に4本マストの帆船が北上するのが見えました。
海王丸
この距離だとスマホでの撮影は厳しいです・・・
帰って調べてみたら
下関から九州を回って別府に行く海王丸だと判明。
独立行政法人 海技教育機構
日本丸は近くでみたことがありますが新しい海王丸はまだ近くでみたことがありません。
近くにくることがあればぜひ見たいものです。

タテガミカエルウオ

2012年以来の本種です。
サンゴの中からちょこんと顔をだしている姿は何とも愛らしいものです。
タテガミカエルウオ
時々岩についた藻を食べるためにでてきます。
タテガミカエルウオ

ニラミギンポ

スズキ目イソギンポ科ニラミギンポ属
学名:Ecsenius namiyei
撮影:2016 8/13 水深 3m
ニラミギンポ
2~3日前まで澄んだ潮がはいってたのに
今日の海は濁ってました。
小さな魚を撮るには厳しい条件です。
尾柄の色で同定はできたものの顔を鮮明に撮れなかったのが残念
ニラミギンポ
初めてみた魚でした。

ホウセキカサゴの脱皮

7日に水槽をのぞいたら脱皮してました。
エビやカニの脱皮とはちょっと様子が違います。
ホウセキカサゴの脱皮
古い皮膚が剥がれ落ちる感じです。
貴重なものを見ることができましたが何にも食べてないのが気になります。
ボロカサゴは食欲旺盛。
今朝は餌用のメダカ2匹をあっという間に食べてしまいました。

ニセフウライチョウチョウウオ

スズキ目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
学名:Chaetodon lineolatus
撮影:2016 8/7 水深 2m
ニセフウライチョウチョウウオ
2010年以来のお目見えです。
今年はチョウチョウウオ系の当たり年になりそうな予感

ブリモドキ

スズキ目アジ科ブリモドキ属
学名: Naucrates ductor
撮影:2016 8/5
全世界の温・熱帯域に生息
大型の魚に付随するといわれる。
ブリモドキ
まさかイサキ釣りの外道で釣れるとは思いませんでした。
それも水深90m・あたりがあったのは80mくらいでしょうか
マグロやカツオは仕掛けを上げてるときに中層や表層でかかるのが多いのですけどねぇ。
ともあれ魚図鑑になかった魚なのでラッキーでした。

ホウセキカサゴ

スズキ目フサカサゴ科ボロカサゴ属
学名:Rhinopias eschmeyeri
ボロカサゴだと思っていましたが
いろいろ調べるうちにホウセキカサゴにたどりつきました。
ホウセキカサゴ
背ビレの棘間の鰭膜にきれこみがなく下顎の皮弁が2つで
ボロカサゴとは区別できるそうな。
ホウセキカサゴ

ボロカサゴ

スズキ目フサカサゴ科ボロカサゴ属
撮影:2016 8/1
生きたまま獲れたのは初めてかも
とりあえずスマホで撮影。
ボロカサゴ
2個体目
ボロカサゴ
同じ種類だと思えないほど違ってます