アカハチハゼ

以前見たものより小ぶりでしたが今回は浅い場所にいたせいで
鮮明な写真が撮れました。
いつもこれくらいに撮れるといいのですが・・・
アカハチハゼ
スポンサーサイト

テングカワハギ

フグ目カワハギ科テングカワハギ属
学名:Oxymonacanthus longirostris
撮影:2014 9/23 水深2m
分布:和歌山県以南・琉球列島・インド・太平洋域。
10cm程度の小型種
テングカワハギ
長年見たいと思ってた魚にようやく会えました。青地に黄色の点列がきれいです。
テングカワハギ

石鎚山

今年2度目の山行
9月20日西日本最高峰石鎚山1982mにいってきました。
ふもとは雨がぱらついていたのですが登山口は曇り。
霧なら中止だけど視界も良好。
紅葉にはまだ早いのですが寒いのが嫌いな私にとってはちょうどいい気温で
快適な登山になりました。
帰ってからは筋肉痛が辛いですが・・
石鎚最高峰天狗岳です。
天狗岳
天狗岳と同じ1982mの南尖峰

南尖峰

こちらは弥山(みせん)石鎚神社頂上社や頂上山荘があります。
弥山(みせん)
この3つの頂の総称が石鎚山です。
石鎚山
石鎚スカイラインから見た石鎚山

シテンヤッコ

スズキ目キンチャクダイ科シテンヤッコ属
学名:Apolemichthys trimaculatus
分布:南日本・琉球列島。インド・太平洋域
シテンヤッコ
カワハギ獲り用のカゴで獲れました。
鮮やかな黄色の体色で口元が紫色。
キンチャクダイ科の魚は奇麗ですね。

灯篭舟(精霊船)

先月8月25日に見た灯篭船です。
1mくらいだったでしょうか。
初盆を迎えた親族が灯篭やお供物をのせて流します。
灯篭船

オニヒトデ

12日にシュノーケリングをしてきました。その時にみつけたオニヒトデです。
珊瑚の天敵ですね。食べられたあとは白化しています。
この場所で見かけるのは2年ぶりです。
2個みつけて駆除しておきました。
オニヒトデ

ムレハタタテダイ

通常旗ざおのように長く伸びるのは1本だけですが
ハタタテダイ
こんなのが獲れました。
長いのが3本あります。奇形の一種でしょうかね。
仲間にいじめられることもなく元気に泳ぎ回っています。
ハタタテダイ
ハタタテダイ

カボチャフサカサゴ

カサゴ目フサカサゴ科フサカサゴ属
学名:Scorpaena pepo
撮影:2014 8/23 30cm 釣り 水深107m
分布:南日本・台湾
フサカサゴに酷似するが体側だけでなく頭部にも黒色店が分布することや胸鰭軟条数で区別できる。
個人的に口の大きさはコクチフサカサゴに近いような気がします。
2005年台湾で鹿児島大学本村教授により発見され2007年に新種として発表、鹿児島県や愛媛県で採集により生息が確認され 、カボチャを連想させる色であることに由来し2009年8月20日に和名が確定した。
カボチャフサカサゴ