ナガハナダイ

学名:Pseudanthias elongatus
スズキ目ハタ科ナガハナダイ属
2013 8/24 釣り 水深70m
南日本の太平洋岸。伊豆諸島・台湾に分布
水深30m以深の岩礁域に生息
↑は雌。赤っぽい体色で体側にはさざ波状の黄色斑紋がある。
ナガハナダイ雌
↓雄は前後の色の境界がはっきりしている。
ナガハナダイ雄
スポンサーサイト

ヨゴレヘビギンポ

スズキ目ヘビギンポ科クロマスク属
学名:Helcogramma nesion
伊豆諸島以南の南日本・小笠原諸島・インド・西太平洋の熱帯域
岩礁の潮間帯や潮溜まりに生息
岩壁に下向きにいるのを発見
ヨゴレヘビギンポ
雄は口先から胸鰭基部が黒色で一本の揮青色線が走る。
ヨゴレヘビギンポ
雌雄で体色はちがう。↓は色と模様が違うが↑のが瞬間的に体色を変化させたのかもしれない。
ヨゴレヘビギンポ

アカハチハゼ

スズキ目ハゼ科クロイトハゼ属
学名:Valenciennea strigata
サンゴ礁外縁のサンゴ片まじりの砂底に生息
黄色の頭部で頬に青縦帯がよくめだつ。
伊豆半島以南の南日本。中国・台湾・インド・太平洋域
アカハチハゼ
赤い部分がないのにアカハチハゼとはどういうこと?というのが素朴な疑問です。
アカハチハゼ