日和佐ウミガメ博物館

NHK朝のドラマ ウェルカメの舞台になった徳島県美波町
日和佐海岸そばにあるウミガメ博物館
日和佐ウミガメ博物館
入り口を入ると世界中のカメの剥製が展示されてました。
剥製の亀
産卵の様子の模型?
亀の産卵風景(模型?)
子供の亀水槽。いろんな大きさの亀がうじゃうじゃいました。
亀1歳
大人の亀プール 青・赤・混血・タイマイが飼育されています。
ここで餌をやりながら係員の方が亀について解説をしてくれます。
亀の雌雄は尾の大きさで区別できるそうです。
確認してみると雄の尾はかなり大きく容易に区別できました。
亀プール
博物館の前が亀が産卵にくる日和佐海岸です。
日和佐海岸
小さいですが私にとって予想を裏切る充実した博物館でした。
訪れたのは2012年5月
スポンサーサイト

オビテンスモドキ

スズキ目 ベラ科 オビテンスモドキ属
撮影 2012 9/15 水深2m 幼魚
伊豆半島以南・琉球列島
サンゴ礁域の砂泥域に生息
成長により姿や色が変化する。
オビテンスモドキIMG_3013
幼魚は海草に擬態していると考えられる。
海草の中にいるところ↓
オビテンスモドキ

クモウツボ

ウナギ目ウツボ科ウツボ属
撮影 2012 8/18
水深 3m
学名:Echidna nebulosa
四国南部・鹿児島県以南の沿岸サンゴ礁域や岩礁域に生息
淡色で暗色帯が背部と腹部に並び、暗色点が体側に密に散在する。
頭部は黄色帯があり眼から吻にかけては白色。
クモウツボ
突然現れすぐ岩陰に隠れてしまいました。
クモウツボ

ミナミウツボ

ウナギ目ウツボ科ウツボ属
撮影 2010 9/20
水深3m
学名:Gymnothorax chilospilus
図鑑をみてもわからないので
神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能先生に同定していただきました。
下顎口角付近の下顎が白いこと、
上顎の感覚管開口部の白斑が目立つことなどの特徴からミナミウツボに同定されます。
八丈島や四国、沖縄など、各地で散発的な撮影記録がありますが、
全体的には情報の少ない種。だそうです。
ミナミウツボ
全長40cm程度の小さな種です。
突然現れてすぐにサンゴの中に隠れてしまいました。
ひんぱんに見ることのできる種ではないですが
今年は10月初めに見ることができました。
ミナミウツボ

タナバタウオ

スズキ目タナバタウオ科 タナバタウオ属
学名:Plesiops coeruleolineatus
撮影 2012 8/19
水深1m
南日本の浅い岩礁域やタイドプールに生息
背鰭棘条部が橙色に縁取られ背鰭やしり鰭に青色縦線がはしる。
腹鰭軟条は糸状に長くのびる。
タナバタウオ
すぐ石の陰に隠れてしまい見かけることはあっても撮影は大変。
タナバタウオ
もう少し近寄りたかったが
今回はほぼ全身が見える姿を撮れたことでよしとします。
鮮明写真は次回に期待。

シコクスズメダイ

スズキ目スズメダイ科
撮影 2012 9/15 稚魚 水深2m
学名:Bicolor reeffish
千葉県以南のサンゴ礁域に生息
体前半は暗色で後半は白色
シコクスズメダイ
名前にシコクとつくので、ぜひ見てみたいと思っていた魚です。
中層を動き回るのと小さなせいでなかなかピントがあいません。
シコクスズメダイ
後半上部のコバルトブルーが目立ちます。
シコクスズメダイ

タテガミカエルウオ

スズキ目イソギンポ科カエルウオ属
学名:Cirripectes castaneus
撮影 2012 9/15
水深1.5m
紀伊半島以南の太平洋岸~琉球列島
浅いサンゴ礁域や岩礁域に生息
タテガミカエルウオ
頭部にタテガミ状の皮弁をもち、体側に横帯がある。尾鰭が赤いことから雄と思われる。
タテガミカエルウオ
神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能先生に同定していただきました。

ミゾレブダイ

定置網で漁獲 23cm
撮影 2012 10/16
学名:Leptoscarus vaigiensis
スズキ目ブダイ科ミゾレブダイ属
柏島・愛南町・琉球列島以南
浅いサンゴ礁域近くの藻場に生息
他のブダイ属と違い雌雄異体性
体高が低く体側に青色小斑点が散在する。
ミゾレブダイ
上顎は下顎より若干長くみえる
ミゾレブダイ1
死後の体色
ミゾレブダイ2

シマキンチャクフグ

定置網で獲れたシマキンチャクフグです。
全長4cmくらいでした。最大10cm程度の小型種。
撮影 2012 10/21
学名:Canthigaster valentini
フグ目フグ科キタマクラ属
本州南部以南の浅いサンゴ礁域に生息。
体内に毒を持つので他の魚に襲われる危険は少ないようです。
綺麗なので観賞用に人気があります。
シマキンチャクフグ
下の画像はシマキンチャクフグに擬態していると考えられている
ノコギリハギです。
背鰭が見えない位置からでは区別は難しいかもしれません。
ノコギリハギ



厄除け参り

普段は信仰心など無いに等しいけれども
還暦を迎えた記念に徳島県の薬王寺まで厄除け参りに行ってきました。(5月の話ですが・・笑)
四国一を誇る厄除けのお寺として年間100万人の参拝人があるそうです。
薬王寺山門
四国23番札所薬王寺山門から、
女厄坂
女厄坂33段、
男厄坂
男厄坂42段を上り
薬王寺本堂
本堂へ
厄坂
本堂から厄坂61段を上って
瑜祇(ゆぎ)塔
瑜祇(ゆぎ)塔へ
ゆぎ塔から
瑜祇(ゆぎ)塔からの景色
徳島ラーメン
徳島ラーメン・・おまけ

ブログオープン

ダルマ夕日
宿毛湾から見たダルマ夕日
もしかしたら人生もこれくらいの位置??