イトヒキベラ

スズキ目ベラ科イトヒキベラ属
学名:Cirrhilabrus temminckii
撮影:2016 11/14 釣り 12cm
相模湾以南~西太平洋
イトヒキベラ
綺麗に撮れました。
スポンサーサイト

キツネダイ

スズキ目ベラ科タキベラ属
学名:Bodianus oxycephalus
撮影:2014 6/24 釣り 42cm
分布:相模湾以南・日本海西部、琉球列島・小笠原。
韓国・台湾~南シナ海。
特徴:背鰭棘部中央に黒色斑がある。体側に赤色斑があるが雄は不明瞭になる。
ベラ科にしては大型種 
キツネダイ
口はとがり上唇が若干長い
キツネダイ

ヤマブキベラ

スズキ目ベラ科ニシキベラ属
学名:Thalassoma lutescens
分布:駿河湾以南。小笠原。インド・太平洋域
↓雄は頭部に帯状の斑紋があり青緑色
ヤマブキベラ
↓雌は山吹色
ヤマブキベラ
↓幼魚 幅の広い白色の縦帯がある
ヤマブキベラ幼魚

オトメベラ

スズキ目ベラ科ニシキベラ属
学名:Thalassoma lunare
分布:伊豆半島以南。小笠原~中部太平洋・インド洋
特徴:緑っぽい体色で尾鰭中央部が黄色 胸鰭は青く中央部が赤い。
岸壁からでも普通にみることができます。
オトメベラ

ホシササノハベラ

スズキ目ベラ科ササノハベラ属
学名:Pseudolabrus sieboldi
分布:青森・千葉県以南の日本各地(琉球列島をのぞく)
ホシササノハベラ
上が雄で下が雌