テンジクスズメダイ

スズキ目スズメダイ科オヤビッチャ属
学名:Abudefduf bengalensis
分布:和歌山県以南の南日本。北部インド洋、西太平洋
浅い珊瑚礁域に生息
背鰭軟条部の先端がとがる。尾びれ先端は丸い。
体側の黒色横帯は地色より狭いのが特徴
近年よくみかけるようになりました。
テンジクスズメダイ

良く似ているのにオヤビッチャとロクセンスズメダイやシチセンスズメダイがいます。
オヤビッチャ↓
オヤビッチャ
ロクセンスズメダイ↓
ロクセンスズメダイ
スポンサーサイト

クマノミ

スズキ目スズメダイ科クマノミ属
学名:Amphiprion clarkii
千葉県以南・インド・太平洋域
浅海のイソギンチャクと共生する。
クマノミ稚魚
浅いところに生息し逃げ回らないのでもっとも観察が容易な魚ですね。
愛南町では稚魚から成魚まで見ることができます。
↑↓これは稚魚1~2cmくらいでしょうか。
クマノミ稚魚
↓幼魚~若魚
クマノミ幼魚
クマノミ幼魚
↓成魚
割と気が強く、近づくと威嚇してきます。
クマノミ
もっと近づくとイソギンチャクの中に逃げ込みます。
クマノミ

イチモンスズメダイ

スズキ目スズメダイ科ルリスズメダイ属
学名:Chrysiptera unimaculata
撮影 2012 8/19 幼魚 3cm 水深 1m
和歌山県田辺湾以南西太平洋・インド洋に分布
岸辺近くの浅い岩礁域に生息
幼魚の体色は背側が暗黄褐色で腹面は黄褐色。
背鰭棘条部の後端に青色に縁取られた大きな黒斑と
吻上からこの黒斑にいたる青色縦帯があるが、
成長とともに消える。

成魚は緑褐色で鰭は淡い。
背鰭軟条部の後端に大きな黒色班がある。
イチモンスズメダイ
イチモンスズメダイ

フタスジリュウキュウスズメダイ

スズキ目スズメダイ科ミスジリュウキュウスズメダイ属
学名:Dascyllus reticulatus
伊豆半島以南の西太平洋・インド洋のサンゴ礁域に分布
淡褐色や暗褐色で体側に背鰭棘条部から腹鰭にかけてと、
背鰭軟条部からしり鰭にかけての2条の黒色横帯がある。
後方の横帯は成魚になると不明瞭になる。
撮影 2012 8/30 水深 3m 稚魚 2cm
フタスジリュウキュウスズメダイ稚魚
↓5cmくらいの幼魚 撮影 2012 9/4 水深 2m
フタスジリュウキュウスズメダイ
フタスジリュウキュウスズメダイ

イシガキスズメダイ(幼魚)

スズキ目スズメダイ科イシガキスズメダイ属
学名:Plectroglyphidodon dickii
秋田県田辺湾以南・西太平洋・インド洋に分布
浅いサンゴ礁の枝状サンゴ周辺に生息
体色は暗褐色で背鰭軟状付近に幅広い黒色横帯があり
その後方尾柄は白色、尾鰭は淡褐色
サンゴの周りを独楽鼠のように動き回るのでピントがなかなか合いません。
イシガキスズメダイ
イシガキスズメダイ
目つきは悪いですね。笑
イシガキスズメダイ